このページは印刷できません

 HeartMask

 NPO法人 日本ハートマスク協会

インフル検定 問題サンプル

インフルエンザ検定試験 問題サンプル

◆出題範囲
歴史・パンデミック・ウイルス・予防・ワクチン・薬・マスク・健康管理・事業継続計画
社会問題・人の心理・マナー・ハートマスク運動・インフルエンザ対策商品・感染症全般ほか

◆試験問題イメージ
 ※この通りの問題が出題されるものではありません。あくまで参考です。

級別問題イメージ
キッズインフルエンザが流行している時、
外から帰って手を洗う時間の長さは、次のどれがよいでしょう?
(5秒・10秒・20秒)
ママ家族(子供など)に新型インフルエンザ感染者がでた時、
社員本人が発症していなくても自宅待機を命ずる会社が増えている
(○か×か)
2級 【問題1】
今回(2009年5月から国内にて流行)の
新型インフルエンザに関して、次のうち最も正しいものを選べ

A:鳥インフルエンザ(H5N1)が弱毒化したものである
B:まったくの新種である
C:1918年に流行したスペイン風邪の亜型である
D:豚固有のインフルエンザが人間に感染するように変化したものである

【問題2】
インフルエンザに処方されるタミフルやリレンザの働きについて
次の中から正しいものを選べ

A:ウイルスのRNAの分裂を阻害する。
B:HA、NAのうち、HAの働きを阻害する。
C:HA、NAのうち、NAの働きを阻害する。
D:ウイルスの細胞膜を破壊する。

【問題3】
インフルエンザウイルス(IV)とスギ花粉(SK)。
どちらがどのくらい大きいか?下の中から最も適当なものを選べ

   IV:SK

A: 1:30
B: 1:300
C: 50:1
D: 500:1

【問題4】
ペットを飼っている人は犬や猫がインフルエンザにかかるのかが心配なところ。
ではそもそも犬や猫はインフルエンザ感染が報告されているか?

A:犬も猫も感染は報告されていない。
B:犬だけが感染を報告されている。
C:猫だけが感染を報告されている。
D:犬も猫も感染の報告がある。

【問題5】
強毒性のインフルエンザが大流行して死者が大勢でた場合、
病気(疾病)死亡の保険金は支払われるか?

A:支払われる。
B:一定条件を充たさないと支払われない可能性がある。
C:一定の死者数を超えると支払われなくなる。
D:パンデミックは支払いの対象外である。

【問題6】
強毒性のインフルエンザが大流行した場合に
懸念される社会問題のうち、間違っているものはどれか?

A:国民が外出を控えるため、飲食業はどこも大減収となる。
B:自分が感染したことを悲観して他人にうつそうとする犯罪が発生する。
C:職場放棄する医療関係者が出現する。
D:子供の学力が低下する。

◆2級の回答・解説はこのページの一番下にあります
1級 【問題1】
インフルエンザウイルスの表面にあるHAやNAの突起の名称として正しい組み合わせはどれか?(4択)
語群:@ヘモグロチニン Aへマグロチニン Bヘマグルチニン Cノイラミニターゼ Dナロミラテーゼ Eナノミラターゼ

HAとNAは、
A:@とE
B:AとD
C:BとC
D:A〜Cの組み合わせ以外

【問題2】
トリアージの分類に関して下のA〜Dの中から正しい組み合わせを選べ

@死亡、もしくは救命に現況以上の救命資機材・人員を必要とし救命不可能なもの
A生命に関わる重篤な状態で一刻も早い処置が必要で救命の可能性があるもの
B今すぐに生命に関わる重篤な状態ではないが、早期に処置が必要なもの
C救急での搬送の必要がない軽症なもの

A:@紺 A橙 B黄 C緑
B:@黒 A赤 B黄 C青
C:@紺 A橙 B黄 C青
D:@黒 A赤 B黄 C緑

【問題3】
 プレパンデミックワクチンに関する次の@〜Cの説明に関して、正しい組み合わせを下のA〜Dの中から1つ選べ

@:国民全員が接種できれば、パンデミックは確実に防げる
A:国産は安全性が高く、副反応が無い
B:ベトナム株・インドネシア株などがある
C:有効期限がなく、備蓄に向いている

A:Aだけ正しい
B:Bだけ正しい
C:Cだけ正しい
D:すべて間違い

【問題4】
2009年12月7日に発表された厚生労働省研究班(研究代表者=岡部信彦・国立感染症研究所感染症情報センター長)の調査でわかったインフルエンザに伴う異常行動に関する次の4つの説明うち、誤っているものを1つ選べ

A:2009年9月25日〜11月15日に報告された1〜17歳の異常行動は151人だった
B:異常行動の約6割が眠りから目覚めた直後に見られ、発熱後2日目が約5割と最も多く、最も遅い例は4日目だった
C:具体的には「突然走り出す」(40%)、「おびえる」(33%)、「無いものが見える」(26%)――などが目立ち、高所からの飛び降りも6%あった
D:この傾向は、季節性インフルエンザのほぼ10倍であった

【問題5】
細胞についての次の文を読み、下記の設問に答えよ

(あ)を除き、全ての生物が小部屋状の構造である「細胞」から成り立っている。
近年では一般に「生物の最も基本的な構成単位」と認められている(細胞説)。
さらには、細胞を持つことが生物の定義とされることすらある(この場合、(あ)は非生物に位置付けられる)。

細胞の一般的な大きさは、1〜(い)程度である。
生物は多様であり、一つ一つの細胞が独立して生きていくような単細胞生物から、同じような細胞が集まってコロニーや群体を形成して一緒に生きていくようなもの、また一つ一つの細胞に分かれては生きていけないほどまでに特殊化した細胞からなる多細胞生物まで、様々な形態がある。ヒトの体は(う)個の細胞が集まって出来た約220種類の細胞組織で構成されている。また細胞は細胞分裂によって数を増やし、それ以外の方法によって細胞が作られることはない。

構造としては、細胞膜に包まれており、細胞質から成る。細胞はその構造によって、原核細胞と真核細胞とに分類されて、真核細胞は原核細胞と比べると、細胞の内部に特に分化した形態や機能を持っているとされており、それは「細胞小器官」や「オルガネラ」と呼ばれている。

何種類かの特殊な細胞を例外として、全ての細胞は細胞膜、染色体、リボソーム、細胞質(原形質)といった共通の構成要素を持っている。外界から内部を隔てる構造が細胞膜である。細胞膜は脂質二重層から構成されている。その内部には生体物質を含む水溶液があり代謝の場となっている。生体物質としては構造や代謝に機能するタンパク質を含み、遺伝情報を担う DNA を持つ。他に、エネルギー源や情報源として脂質や糖質がある。これらの生体物質は集合してより高次の構造をとっている。DNA は主に染色体として存在する。遺伝情報を翻訳する場として rRNA とタンパク質からなる(え)がある。

1665年、ロバート・フックがコルクガシのコルク層の小片を顕微鏡で観察している時に細胞の構造を発見し、「(お)」と名づけた。1839年にはテオドール・シュワンとマティアス・ヤコブ・シュライデンが、動物も植物も基本的に細胞から構成されているとし、細胞は生物共通の構造で発生の基本単位であるとする「細胞説」の基礎を築いた。

設問@
(あ)に入る語句として最も適当なものを次の中から1つ選べ
 A:微生物
 B:細菌
 C:ウイルス
 D:ウイルスと細菌

設問A
(い)に入る数値として最も適当なものを次の中から1つ選べ
 A:100μm
 B:100nm
 C:100pm
 D:100fm

設問B
(う)に入る数値として最も適当なものを次の中から1つ選べ
 A:600億
 B:6000億
 C:6兆
 D:60兆

設問C
(え)に入る語句として最も適当なものを次の中から1つ選べ
 A:細胞膜
 B:染色体
 C:リボゾーム
 D:細胞質

設問D
(お)に入る語句として最も適当なものを次の中から1つ選べ
 A:cell
 B:germ
 C:disease
 D:hiccup


【問題6】
新型インフルエンザや鳥インフルエンザについての次の文を読み、下記の設問に答えよ

○国内での発生

(あ)福祉保健部は(2010年)5月17日、管内の大学で、新型インフルエンザの集団感染を確認したと発表した。生徒と職員の82人が発症しているが、全員軽症で入院した患者はいない。
 集団感染の患者は、大学生81人、職員1人の計82人。5月12日に、2人の学生がインフルエンザ様症状を示し、14日にはインフルエンザの簡易検査で学生14人がA型と診断された。そのうち2人についてPCR検査が行われた。

 5月15日、衛生環境研究所がPCR検査を実施し、2人とも新型インフルエンザ陽性であることを確認した。大学内での発症者を確認したところ、5月17日までに82人の発症が確認できたという。
 主な症状は、発熱と咳だった。全員が軽症で、寮の個室かあるいは自宅で療養中だという。
 大学側は、発症者の1週間の出席停止とした。患者は、寮の個室や自宅での療養と5日間のリレンザ服薬となった。また、各建物の出入り口にはアルコール消毒薬を設置。学生全員へのマスク着用、手洗い、うがいの徹底など、基本的な感染防止策をとっている。

 昨年の今頃は、(い)で国内発生の第1例が確認されて以降、感染者が相次いで発生していた時期だった。大学内で収まるのか、地域への広がりがあるのか、注視する必要がある。

○海外での発生

 WHOの発表によると、

 2010年5月4日、(う)で鳥インフルエンザ・H5N1のヒト感染例が新たに1例確認された。(う)の感染例は、2005年に初めて確認されてから10例目となった。うち8例が死亡している。 新たに報告されたのは、27歳男性。4月13日に発症し、16日に入院したが、翌日に死亡した。疫学的調査によると、発症の7日前に病気の家禽を処理し食べていたという。

 また、(え)で新たに2例の鳥インフルエンザ・H5N1のヒト感染例が確認された。45歳の女性と4歳女児で、45歳女性は回復したが4歳女児は死亡している。
 45歳女性は、2月22日に発症したが現在は回復している。この症例は発症の4日前に死んだ鶏との接触が確認されている。 一方の4歳女児は、4月19日に症状が現れ22日に入院した。しかし、4月28日に死亡している。この症例の感染経路については不明で、現在も調査中だ。
 (え)では、2月12日にも感染例が確認されている。25歳女性で、1月25日に死亡している。

 なお全世界では、WHOへ報告があった事例は2003年以降496例となり、うち293例が死亡している。


設問@
(あ)に入る語句として最も適当なものを次の中から1つ選べ
 A:栃木県
 B:群馬県
 C:長野県
 D:山梨県

設問A
(い)に入る語句として最も適当なものを次の中から1つ選べ
 A:大阪
 B:京都
 C:神戸
 D:山口

設問B
(う)に入る語句として最も適当なものを次の中から1つ選べ
 A:ベトナム
 B:ラオス
 C:カンボジア
 D:タイ

設問C
(え)に入る語句として最も適当なものを次の中から1つ選べ
 A:インドネシア
 B:マレーシア
 C:スマトラ
 D:フィリピン


【問題7】
事業継続計画に関する次の文を読み、下記の設問に答えよ

事業継続計画(英:Business Continuity Planning または Business Continuity Plan, BCP)とは災害による影響度を認識し、発生時の事業継続を確実にするため、必要な対応策を策定すること、または策定した計画である。また、その策定・運用・訓練・継続的改善の取組みを事業継続マネジメント (Business Continuity Management, BCM) という。

これが考えられた当初の目的は、ある企業の生産中断によって災害被災のない取引先の経済活動が大きな影響を受け、結果的に被害が拡大することの阻止にあったが、新型インフルエンザの発生などもあり、現在では適用範囲を企業とその生産に限っていない。

取組みの手順は次のとおりであり、これらを実施するには、経営陣の関与が不可欠である。

1.被災後、(@)すべき重要業務の絞込み
2.重要業務についての(A)時間の設定
3.(A)について支障となる事項の抽出
4.支障となる事項への(B)の策定
5.以上について常に最新の企業情報を反映すべく定期的な(C)・見直し

策定に当たっては、災害・事故直後における最低限維持すべき「操業レベルの許容限界」を策定するために、被害想定が必須である。換言すればどの程度の被害が予想され、その想定した被災があった場合、主力製品(商品)の供給が何時間(何日)で復旧できるようにするかが肝要である。

文中の(@)〜(C)にあてはまる適切な語句の組み合わせを下の4つから1つ選べ

A:@復旧 A継続 B対策 C更新
B:@復旧 A継続 B更新 C対策
C:@継続 A復旧 B更新 C対策
D:@継続 A復旧 B対策 C更新
アドバイザー未定ですが、今のところ1級を5回合格する、又は講習会+論文となる可能性があります

団体受験実施

団体受験

◆学校・企業・施設などで10〜20名以上集まればセミナーや団体受験が可能になります。
 詳しくは当協会までお問い合わせください。

チラシ

◆「咳エチケット」のチラシやポスターとしても使えるハートマスク運動のチラシや試験のチラシはこちらです。
「咳エチケット」のチラシやポスターとしても使えるハートマスク運動のチラシ


2級問題の回答・解説

2級

【問題1】
今回(2009年5月から国内にて流行)の
新型インフルエンザに関して、次のうち最も正しいものを選べ

C:1918年に流行したスペイン風邪の亜型である

【解説】
遺伝子解析により判明しています

【問題2】
インフルエンザに処方されるタミフルやリレンザの働きについて
次の中から正しいものを選べ

C:HA、NAのうち、NAの働きを阻害する。

【解説】
これらの薬はノイラミニダーゼ (neuraminidase, NA) という酵素(糖タンパク質)を阻害することによりインフルエンザウイルスが感染細胞からエンベロープを形成して出てくるのを阻害する効果があります

【問題3】
インフルエンザウイルス(IV)とスギ花粉(SK)。
どちらがどのくらい大きいか?下の中から最も適当なものを選べ

B: 1:300

【解説】
花粉用マスクはカゼ用に比べて、フィルターの目が粗いことを理解しておきましょう

【問題4】
ペットを飼っている人は犬や猫がインフルエンザにかかるのかが心配なところ。
ではそもそも犬や猫はインフルエンザ感染が報告されているか?

D:犬も猫も感染の報告がある。

【解説】
ただし、犬や猫から人間への感染は現在のところ無いとされています

【問題5】
強毒性のインフルエンザが大流行して死者が大勢でた場合、
病気(疾病)死亡の保険金は支払われるか?

A:支払われる。

【解説】
保険各社のサイトをご覧ください

【問題6】
強毒性のインフルエンザが大流行した場合に
懸念される社会問題のうち、間違っているものはどれか?

A:国民が外出を控えるため、飲食業はどこも大減収となる。

【解説】
宅配型外食産業は売上が伸びると予想されています