top>

NPO法人日本ハートマスク協会

本気で新型インフルエンザを抑制したい!マスク1枚で救われる命がきっとある

ハートマスク協会の理念

(誤解を恐れずに言えばですが)

感染症は何故広まるのでしょう?
それは多くのケースで
広める人たちが「広めている意識」を持っていないからです。
そして広めている人達の多くが
「元気な人」「自分は関係ないと思っている人」なのです。

ハートマスク運動は「咳をする人こそマスクして」 をスローガンに、
薬やワクチン以外の方法で感染症の蔓延を防ぐための活動です。

これは一般人の心がけ一つで、万単位の感染者を減らせるかもしれない
可能性を追求するもので、医療を否定するものではありません。

インフルエンザ2013年-2014年の症状と予防 対策

 インフルエンザ2013-2014の症状と対策について | インフルエンザの種類  | 新型インフルエンザとは? |
 ウイルスと菌(細菌)の違い | マスクの正しい選び方と使い方   | 鳥インフルエンザ関連 |

ハートマスク運動とインフルエンザ検定(予防アドバイザー)

 ハートマスク運動とは? | インフルエンザ検定試験(インフルエンザ予防アドバイザー)

感染症予報プロジェクト

 プロジェクトの概要

インフルエンザの特効薬 知識のワクチン インフルエンザ検定

咳をする人こそマスクをして! (ハートマスク運動)

ハートマスク

みなさんは、自分のすぐ傍で知らない人がイヤな咳をしたときに
「もう・・・マスクしてくれたらいいのにな・・・」と考えたことはないですか?

heartmaskundo.jpg(10423 byte)

とは、
インフルエンザ流行時には、たとえ症状がない人でも、

3mask.jpg(24496 byte)

みんなの小さな思いやりの行動で、インフルエンザ(特に新型)をはじめとした

kakudaiyokusei.jpg(19849 byte)

しようとする運動です。

utusanaikoto.jpg(15826 byte)

【うつさない為】なら安価なガーゼマスクなどでも効果が期待できます。

たとえ感染力の強い新型インフルエンザでも、

peakbunsan.jpg(30130 byte)


企業は感染者の自宅待機が減ることで稼働率を下げる必要がなく、
受験生は受験の機会を失わずに済みます。

つまり、

kikaisonsitu.jpg(81152 byte)

でも、もし電車の向かいの席で、
口に手も当てずに咳をする人がいたとしても
「マスクしてください」とは言えないのが現実・・・

そんな時には思い出してください。
(インフルエンザの流行時期に)

sinanai.jpg(18783 byte)

(もし目の前で人が死ぬなら、すべての人がマスクをするでしょう)
でももし、飛び散った飛沫の中にウイルスがあり、
何人かの方に感染すれば、
それが広がっていった先には間違いなく
小さな子供や体力の弱ったお年寄りがいるのです。

自分のとる行動ひとつで、
これらの方たちの命が救われるかもしれないのです。
そんな、

souzouryoku.jpg(20234 byte)

また、

自分から先にはインフルエンザを広げない

という気持ちをもてば、自然と自分自身の感染リスクも減らせます。

が・・・現実には

自分は大丈夫

もしくは、それすらも意識していない人達です。
こういった人達も、自分がインフルエンザにかかっている時は
人にうつさないように、きっと気をつけることでしょう。

しかし、この人達の意識が変わらない限り、
インフルエンザの流行拡大にブレーキはかからないのです。

ただ、幸いなことに、2012年に入り、マスコミなどもようやく
「人にうつさないことが大切」という言葉を頻繁に使うようになってきました。

そこで、ハートマスク運動は、
「意識せずウイルスを広める人達」や「咳をするのに手さえ当てない人たち」に、
「うつさないためのマスク」や手洗いなどの予防行動をしてもらう
世の中を実現していくための一つの手段として、
「知識のワクチン」としての「インフルエンザ検定試験」と
感染症予報プロジェクト」に取り組んでいます。


  ハートマスク運動について、さらに詳しくはこちら


インフルエンザ検定試験開催のお知らせ

特効薬

NPO法人日本ハートマスク協会では、

インフルエンザ検定試験
(インフルエンザ予防アドバイザー)を開催しています。

◆試験の特徴
単にウイルスの知識を問うものではありません。
災害としてのインフルエンザや社会問題、人がなぜ「自分は大丈夫」と思ってしまうのか?の心理学
インフルエンザ対策に関する知識など、幅広い分野の問題を出題いたします。
3級は中高生〜一般、2級はやや専門的、1級はかなり難しいです。
2級以上では特に、医療関係者に知っていて欲しいのに、普段接する機会の少ない分野に力をいれています。
詳しくはこちらをご覧ください。



感染拡大予防には・・・

新聞

 咳をする人のマスクが一番!なのに、
 どうして咳をする人が、なかなかマスクをしないのでしょう?
 (新型インフルエンザを始めとした飛沫を媒介とする多くの感染症は、
  咳をする人がマスクを着用することで、大幅に感染リスクを減らすことができます)


 それは、主に次の理由によって咳をする人のマスク着用が習慣化していないからです。
 (アンケート:当協会調べ)
@自分が感染源になる可能性に気づいていない
A咳をするときにマスクを持っていない
B目前で感染が表面化することがないので、罪の意識がない
Cかっこ悪い・興味がない・めんどくさい
D苦しい

さらに驚きの答えとして・・・
E感染者と思われたくないから
という回答もありました。

ほかに、化粧が剥げるというのも、
以前は女性にとって深刻な問題だったようです。(今でも?)

2009年の新型インフルエンザ流行で、で南半球では、
多くの人が感染している意識のないまま感染を拡大したそうです。

今回の新型インフルエンザは弱毒性とはいえ、若い年齢層が感染拡大させ、体力のない子供やお年寄りが多く亡くなっているという数字が報告されています。

さらには、鳥インフルエンザウイルスをルーツとした強毒性の新型インフルエンザ流行の危機も厳然と存在している今、咳をする人がマスクを着用することの必要性は、どんどん高まっていると言えるのではないでしょうか?

テレビで紹介されました

関西の動画よーみて

平成21年10月19日(月) 読売新聞 「関西の動画よーみて」

ぽじポジたまご

平成21年10月19日(月) KBS京都放送  「ぽじポジたまご」(番組のサイトです)
          スタジオの風景を撮影しました。ニュースへ

みのもんたのサタデーずばッと

平成21年10月24日(土) TBSテレビ  「みのもんたのサタデーずばッと」(番組のサイトです)

さらに詳しくは・・・

こちらをご覧ください

ハートマスク運動とは?
活動内容
設立趣意書
チラシ
咳エチケットに使えるハートマスク運動チラシ
運動の応援団
 写真:大槻教授
「咳エチケット」にも使える
 「ハートマスク運動チラシなど